「冬」 一覧

クリックして頂けたら嬉しいです東洋医学ランキング

冬の身体への影響

2019/11/29   -内経気象学,

今朝は各地で今年の最低気温となりました。立冬、小雪を過ぎて気温も大きくさがりいよいよ冬の季節がやってきましたね。 今回は東洋医学で考える冬の身体への影響を書きます。 冬と蔵気法時図 以下の図は、『素問 ...

立冬

2019/11/05   -二十四節気,

立冬 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説 二十四節気の一つで、太陽の黄経が 225°に達した日(太陽暦の 11月7日か 8日)から小雪(太陽の黄経が 240°、11月22日か 23日)の前まで ...

寒の入りからの天候と病気

2019/01/27   -内経気象学,

大阪でも昨日26日より気温が急激に下がってきました。初雪も舞い、やっと寒の入りらしい気象ですね。今日27日は最高気温7℃前後、最低気温は2℃位でした。大阪の気温推移をみると結構日によって寒暖差がありま ...

2019年(1月20日大寒~)の運気論による天候予測

■2019年(1月20日大寒~)の運気予測 参考「五運六気による気候予測」 己亥(つちのとい) 歳運:土運不及 司天:厥陰風木 在泉:少陽相火 勝気:木運(四維,長夏) 鬱気:土運 復気:金運 発気: ...

寒の入り~小寒と大寒

2019/01/10   -内経気象学,

寒の入りは一年で最も気温が低くなる時期です。今年は北日本は記録的な降雪ですが、西日本では暖冬となり近畿でも雪不足となっています。 東洋医学の考え方では冬至に陽気が最も衰えて陰の極みとなり、この日から一 ...

五運六気による気候予測

〇五運六気(ごうんろっき)とは運気とも簡称し、陰陽五行学説を基礎として、自然界の気候・気象変化が人に及ぼす影響について説かれた学説です。また同時に気候の予測方法も詳しく書かれています。 〇現在に伝わる ...

今日は冬至です

2018/12/22   -内経気象学,

『暦便覧』「日南の限りを行て、日の短きの至りなれば也」 冬至は以下のように北半球では昼の長さが最も短くなる日です。天地の陽気が最も弱くなりますが、同時にこの日から陽気が次第に強くなってくる日でもありま ...

年末年始の天候予測発表~寒暖差に注意

2018/12/21   -内経気象学,

気象庁によると、年末年始は北海道・北日本は記録的低温と大雪の予報です。反対に東日本・西日本・沖縄奄美は気温が高い予想となっています。 12月22日~8日気温予測(気象庁提供) 12月29日~1月4日気 ...

Copyright© ブログ 東洋医学と気象歳時記 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.